ホーム>小学校受験コラム>お受験ブルー

お受験ブルー

失敗したらどうしようかと・・・ 6

また、小学校受験をした記憶は、子どものなかでかなり長い期間残ります。

 

 

 

当然個人差もあるでしょうが、自分が受けた試験内容を詳細に話してくれた高校生もいました。

 

 

 

 

さらに、自分を入れてくれなかった学校に対して、中学校受験で再び強い意志を持って挑む子もいます。

 

 

 

 

そういうとき、小学校受験で不合格になった悔しさは、誰よりも本人が一番強く心に染み込んでいるのだとあらためて深く感じさせられます。

 

 

 

 

 

まずは、我が子をとことん信頼してください。

 

 

 

 

 

失敗したらどうしようかと・・・ 5

さらに、ほかの親たちのなかで、他人の子が不合格になったことを面白おかしく噂する人がいます。

 

 

 


本人とはかけ離れたところで語られるさまざまな噂や親からの理不尽な叱責は、子どもにとって、どんなにひどいことか・・・

 

 

 


そういうことから守ってあげるべき立場にいるのが両親だということを、肝に銘じてください。

 

 

 

 

 


逃げ出さず、しっかりと子どもを見つめてあげてください。

 

 

 

 

 

 

失敗したらどうしようかと・・・ 4

子どもは平気で「○○小に落ちた」などと自分で言いふらします。


それを聞いた子どもたちも、それほど大きくはとらえません。

 

 


落ちたとか受かったとかといって騒ぐのは、ほんの一部の大人だけです。

 

怖いのは、不合格になった直後から、子どもを全否定する親がいることです。


親のさまざまなミスを振り返ることなくすべてを子どもに能力がなかったからだと押し付けてしまう。

 

 

 

まず、それが不幸の連鎖を招いてしまいます。

 

 

 

 

 

失敗したらどうしようかと・・・ 3

親のマイナス部分を子どもが補うなど・・・受験が子どもにとって悪夢としか思えなくなってきます。


それでは子どもがかわいそうです。

 

 


「引き返す」とか「転園する」などという言葉が出てくること自体、本音は子どものことをちっとも考えていないのではと思ってしまいます。

 

 

 


不合格は失敗ではありません。


そのときにあいにく縁がなかったり、子どもの輝く瞬間をキャッチしてもらえなかったりという些細なことに過ぎないのです。

 

 

 

 


小学校受験は、結果に関わらず、親子の深いつながりが試されます。

 


不安は誰にでもあり、どの家族も抱えています。


後ろ向きになっていては、元気で頑張っているお子さんがかわいそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

失敗したらどうしようかと・・・ 2

典型的な例が、親に対しての面接試験です。

 

 


子にプレッシャーをかければかけるほど、親自身が自らの首を絞め、肝心の自分たちの面接がうまくいかなくなってしまいます。

 

 


緊張して何も話せない。


用意しておいた返答をそのまま抑揚のない丸暗記で行ってしまい、相手に何も伝わらない。


数えきれないほど練習をして臨んだはずなのに、想定外のことを聞かれて慌ててしまう・・・・などなど・・・・・

 


そんなときになって、はじめて自ら積み上げてきた荷物の大きさ、子どもに背負わせてきた荷物の重さに気付きます。

 


さらに、親のせいで落とされては困るので、自分がこしらえてしまった減点分まで、子に挽回させようとします。

 

 

 

失敗したらどうしようかと・・・ 1

「正直、外では明るく振舞っていますが、失敗したらどうしようかと思い悩む毎日です。
 もう引き返すこともできなくなっています。
 転園して逃げ出す勇気もないんです」

・・・・・毎年のように打ち明けられる悩みです。

 

親と子がいっしょに学び成長していくのが小学校受験ですから、その過程ではともに楽しむ余裕がなければなりません。


家族が本当に強く結ばれて受験に取り組んでいれば、結果は二の次になり


「ダメだったらダメで仕方ないよね」


という感情すら生まれてくるものなのです。

 

 


「あの学校しかない」


「あの学校に入らなければ」


と親が思えば思うほど、子どもにプレッシャーをかけます。


親は自分が背負うべき荷物まで子どもに預けてしまいます。

 

 

 

 

 

お受験が怖い 6

どれだけ準備をしていても、盤石ということはありません。

 

 


すべての家族が不安を抱えながら試験場に向かいます。


どの親子もさまざまなことを乗り越えて、そこまでたどり着いたのです。


不安が解消されたわけではありません。ずっと続いたままです。

 

 


それでも受験と真剣に向き合ってきました。


それだけでも価値のあることだと思います。

 

 

 


結果ではなく、そこまで歩いてきた過程こそが、あとまで残る大切な財産だと思います。


小学校受験は、しっかりした志を抱いた親こそが結果を出します。


それだけの覚悟を持ち、走り出したら初心を忘れないようにしてください。


あとでいい思い出になるように、真剣に子どもと向き合ってください。

 

 


小学校受験は、親子の受験なのですから。

 

 

 

 

 

 

 

お受験が怖い 5

不安に負けそうだと感じたら、はやめに撤退すべきです。

 

5・6歳の子を引きずりまわさないでください。

 

 

でも、親子で走り出したからには、弱音を吐きながらも子どもと一緒に最後まで走りきることも、親としての責任ではないでしょうか。

 

もう一度繰り返しますが、本番ではみんな7割から8割で勝負をしています。

 

 

 

つまり、万全な子は一人もいないということです。

お受験が怖い 4

受験当日はいつもの模擬試験とは異なり、早朝から親が緊張し、こわばった表情のままお受験服を着せられます。

会場に近づくにつれて、同じような親子が多くなり、その中に引きずり込まれるのです。

 

 

それだけで、本人は普段の精神状態ではいられません。

そういうことの重なりの中で受験をするのです。

 

 

平静を保って100パーセントの力なんて、出るはずがないのです。

未就学児にそれほどの負担をかける決断をしたのは、親です。

親の勝手で受験を決め、途中で不安になったからやめようとする・・・・・子どもは翻弄されるばかりです。

 

 

子どものためといいながら、結局右往左往させられる当人はかわいそうです。

お受験が怖い 3

そういうように、小学校受験にはアクシデントはつきものなのです。

 

それをいかに乗り越えるかが大きなカギになってきます。

 

今から不安ばかり抱えていては、対応しきれませんよ。

 

カラ元気でもポーズでもかまいませんから、あわてたり不安がったりした顔を外に出してはいけません。

 

 


受験会場を目の前にして、内心はうろたえて逃げ出しそうになっていても、

 

「何? あ、そんなの大丈夫。平気平気」

 

といって何食わぬ顔して送り出す……小学校受験は、親が試される場でもあるのです。

 

 

 


さらにいうと、どんなにできる子でも、本番ではおそらく実力の7割か8割程度しか力を発揮していないと思います。

ページ上部へ