ホーム>小学校受験コラム>お受験ブルー 中期

お受験ブルー 中期

合格して・・・⑥

場合によっては、いろんなハードなことが起こりすぎて、園にでも出向いていく必要が出てくるかもしれません。

 

でも、残念ながら、妬みは卒園まで続くと思ってください。

 

 

卒園までの我慢と思って耐え忍ぶか、

 

ひたすら考えないよう平然としているか、

 

またはこの悪習を次の世代にまで引き継がせないよう打って出るか、

 

……いろいろな方法があると思います。

 

 

 

いずれにせよ、受験を乗り切ったエネルギーがあるから大丈夫です。

 

 

家族がまとまって、その家族らしい乗り切る道を探ってください。

 

合格して・・・⑤

子どもの受験期において、最も大切なのは、父親の力です。

 

父親は、家庭のことは二の次になってしまいがちになり、母親が置かれている状況や心情を把握できないケースをよく見ます。

 

 

結果が出たとたん嫌がらせや皮肉たっぷりの電話がかかってきたり、心ない根も葉もない噂が飛び交ったり・・・そういう話は当事者から何度も聞いています。

 

そういうことになったとき、救ってあげられることのできる最大の存在は父親なのです。

合格して・・・④

受験後の保護者の、出口のない心情を緩和してくれる相手として

 

 

 

年下の年中・年少児の母親という存在があります。

 

これから受験を迎える母親は、成功する秘訣を聞きたがります。

 

突然受験をしてたまたま受かったのではなく、ここまでくる合格への道のりは大変でした。

 

そのことを周囲はわかってくれなくても、ネクストバッターズボックスにいる母親たちは、経験した話に耳を傾けてくれます。

 

そういうときこそ、自分の置かれている状況も話せば、きっと親身になって(あるいは興味津々で)聞いてくれるはずです。

 

 

合格すると、もしかすると周囲の様子が一変するかもしれない。それも覚悟の上で立ち向かってほしいのだと・・・

 

 

そういうことを話しているうちに、少しは気も休まるでしょうし、自らの初心の頃を思い出し、気持ちを新たにできるかもしれません。

合格して・・・③

小学校を受験するということは、親が強い意志を持たなければならないのですが、

 

そのなかには 受験中・受験後 に発生するさまざまな事象に関しても、

 

どんと構えて揺らがない強さも含んでいるのです。

 

受験終了から卒園までの長い期間、周囲の状況の変化に辛いこともあるでしょう。

 

ですが、それはガマンするしかありません。

 

 

 

 

合格して・・・②

それまで親しかった人の子どもが合格したと聞くと、いろいろな立ち位置の人たちが平常ではないザラザラとした感情を湧きあがらせます。

 

「あのこと自分の子の、何が違ったんだろう」

 

「あの子があの学校に入れたのなら、自分のところも受けさせておけばよかった」

 

「受験なんて考えてもいなかったのに、あの子でできたというのなら、自分の子にやらせておけば、あの子よりももっと上の学校に入学させられたかもしれない」

 

「あの家族は小学校で受験できる余裕があるからいい。自分の子には、やがて中学か高校か大学で、きっとあの子を抜けるようにしてみせる」

 

「何もやっていないように見せておいて、陰ではすごくやらせていたということ。あの親子は、私たちに見せる顔とは異なった面を持っている」

 

などなど、あげればきりがありません。

 

 

イヤだけれど、そんなことは思いたくないけれど、周囲の雰囲気というか空気が少し変わってくるのも事実です。

 

 

実を言うと、そうなるかもしれないということまで考えてから、受験に踏み切ってほしかったとも思うのです。

 

 

合格して・・・①

合格したことで、それまで親しかった園の親たちから妬まれるようになりました。

これは卒園まで続くのでしょうか。

 

 

こういったことは、まず「よくあること」だと認識してください。

 

 

親しかった方でも、その人の子が同じ学校を受験してご縁がなかった場合もあるでしょうし、

 

 

まったく異なった学校を受験しても、合否がはっきり分かれたときからおかしくなったということもあるでしょう。

 

 

また、どこも受験していないのに、合格の話を聞いた瞬間から妬みがはじまる場合もあります。

 

 

でも、これらは当然のことではないでしょうか。

 

もし逆の立場にいれば、ご自身がそうなったかもしれないのです。

 

数の問題を嫌がります ⑧

もっとも、親の考えるペースと子の受容力は大きく異なります。

 

 


できないと聞いていた分野でも、模擬試験では意外に点を取っていて、

 


<母親が言うほどでもないな>……と感じることはよくあります。

 

 

 

 


何度も繰り返し練習を強要されれば、いやでも少しは身につくものでもあります。

 

 

 


とにかく、くれぐれも親が短気を起こさないように。

 

 

 


親子のバトルはやめてくださいね。

 

 

 

 

 

数の問題を嫌がります ➆

重ねて述べますが、

 

 

 

・どれでも何でもいいからとにかく記入する


・書いて、白紙では絶対に提出しない

 

 

 


このふたつをお受験テクニックのひとつとして、徹底させてください。

 

 

 


貴重な受験期の時間を、なかなか進歩しない分野に注ぎ込むよりは、得意な面をどんどん伸ばしてハンディをカバーできるようにしたほうが合理的です。

 

 

 

 

 

数の問題を嫌がります ⑥

また、いろいろ試してみたけどお手上げ……

 

 


というときは、しかたありません。

 

 

 


押さえつけてほかに悪影響を起こすようなことにならないために、思い切って数量は「捨て問題」にします。

 

 

 


といっても、数を白紙で提出しなさいというわけではなく、

 

 

 


「どうしてもわからないなら、何か解答欄に記入しなさい」と諭します。

 

 

 

 

数の問題を嫌がります ➄

たとえば

 

 


【たす】の場合だと

 

 


「合体する(させる)」 とか 「まぜる」 とか 「やってくる」 「いっしょになる」

 

 

 


【倍】であれば

 

 


「同じものがもうひとりいる」 など

 

 


言い方ひとつで理解できることもあります。

 

 

 

 

ページ上部へ