ホーム>小学校受験コラム>2016年2月

2016年2月

絵を描くのを嫌がるのですが‥‥➆

「ヘタ」とか「遅い」などと言ってため息をつかないでください。

 

 

 


絵画は根気が勝負です。

 

 

 


もうひとつのポイントとして、太陽に顔を描いたり、キャラクターを描いたりはいけませんよ。

 

 

 


現実のものを忠実に、を心がけてください。

 

 


「描きなさい」


ではなく


「一緒に描いてみましょう」


の姿勢が大切です。

 

 

 

 

 

絵を描くのを嫌がるのですが‥‥⑥

絵画に対する緊張や嫌悪のような感覚が和らいだら、まず幼児向けの絵の描き方の本を見ながらそのまま模倣してみます。

 

 

 


書店に行けば、その類の書籍はたくさん見つけることができます。

 

 

 


簡単に描けるものから始めれば、少しずつ物の形の把握ができ、これはこう描けばよいのか‥‥ということがつかめてきます。

 

 

 


決して怒ったりイライラしたり批判したりしないように。

 

 

 

 

 

絵を描くのを嫌がるのですが‥‥➄

あるとき、白い画用紙にクレヨンを何重にも塗り重ね、そのあと爪や鉛筆でひっかいて、好きな絵や線を描くカリグラフを行ったところ、非常に興奮し、やがて絵画に対する「構え」が薄らいだ子がいました。

 

 

 


そのときは爪や手はもちろん、顔や服まで汚してしまい、

 

 


母親から「何ですか、これは」

 

 


とあきれてました。

 

 

 

 


しかし、後の本人の様子は、明らかに変化しましたよ。

 

 

 

 

絵を描くのを嫌がるのですが‥‥④

そして、水彩絵の具であれば、手や顔に塗ってみたり、手のひらに絵の具を塗って紙にベタベタとハンコのようにくっつけてみるなどして、絵画に対するアレルギーを取り払うことが先決です。

 

 

 

ものは試し、ぜひやってみてください。

 

 

 

 

 

絵を描くのを嫌がるのですが‥‥➂

描くことを嫌がる子は、周囲から批判されすぎているのか、広い紙の中に小ぢんまりと小さくまとめて描くタイプが多い気がします。

 

 


そのため、作品には余白が多く、印象の薄いものになっています。

 

 


つまり‥‥

 


・手を動かす

 


・色をたくさん使う

 


・余白がないように塗る

 


などを、体で気付かせることが第一歩です。

 

 

 

 

絵を描くのを嫌がるのですが‥‥➁

「どうしてこんなに絵がヘタなんだろう」

 

 


とか

 

 


「なぜもっとうまく描けないの」

 

 

 


などと思っていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ご両親が未就学児の頃、それほどうまく描けていましたか?

 


思い通りの作品を描けましたか?

 

 

 

 


私は、絵画の解決策として、

 

 


とにかく一度紙に大きくメチャクチャに描いて塗る作業を勧めています。

 

 

 

 

 

ページ上部へ